お子さんでも分かる!!「障害者総合支援」(全9回)【最終回 「障害者差別解消法」というもの】

【最終回 「障害者差別解消法」というもの】

約3年前の平成28年4月1日

障害者差別解消法が施行されました。 

すべての障害者が、障害者でない者と等しく基本的人権を享有する個人として尊重され、

その尊厳にふさわしい生活を保障される権利を持っていることを当然の前提として制定された法律です。

 

ちょうどその頃私自身も節目の時期でした。

 

娘が1歳の頃に大きな病気をした私は

娘に兄弟ができお姉ちゃんになる事を経験させられませんでした。

その頃私もまだ二十代半ば。

目の前には愛するわが子がいるのにもう会えないと知ってしまった

自分の第二子や第三子のことを考え

泣きじゃくる毎日。

早めに仕事復帰してみたら?

と言う母親からの助言でそれから夢中になり働きました。

 

その日々の中でも現実は容赦なく私を苦しめました。

 

「二人目のご予定は?」

「次は男の子が欲しいでしょ?」

 

体調を崩せば

 

「悪阻じゃない?」

「おめでとう」

 

遊園地にでかければ

 

「女性の方にお聞きしているのですが、現在妊娠中ではないですか?」

 

その皆が気持ちでかけてくれる優しさは私にとっては傷つく言葉たち。

 

人と会う事も外に出ることも億劫になっていました。

 

そんな時期を数年間過ごしたちょうど3年程前。

 

急に仕事が楽しくなってきたのです。

それまでは義務のように働いていたのかもしれません。

私は日々、心の豊かさみたいなものを実感し、

満たさせてく自分自身を体感できるよう変わりました。

 

母としての強さなのか

自分の役割を見つけられたのか

本当は落ちるところまで落ちたからなのか。

 

それから数年、また素敵なご縁が。

 

綺麗ごとではなく、

本当に心から皆が互いに尊重され、

その尊厳にふさわしい毎日を送れますように。

放課後デイGranny 開発チーム

放課後デイGranny事業・加盟資料

Facebook

マイナビ独立

2019年3月11日

お子さんでも分かる!!「障害者総合支援」(全9回)【第8回 「障害者虐待防止法」というもの】

【第8回 「障害者虐待防止法」というもの】

朝はお気に入りのニュース番組を見て、目を覚ましながら支度をする娘。

番組の中のキャストとゲームがお目当てだろう。

娘はすっかり、この番組のファンである。

 

あまり小言は言わないようにしていますが、

ついつい、朝の慌ただしさに私も自分目線で口をはさんでしまいます。

あまり色々なことにこだわらず感覚重視で進む私ですが

子育てに関して意識していることがあります。

 

それは、「ダメ」を乱用しないこと。

命に係わる危険な行動は「ダメ」ですが、それ以外は、乱用しない事にこだわっています。

甘やかしているつもりはないですが「ダメ」と一日何回も言われて育ったら、

きっとこの子は自分の事を「ダメ」と思って育っていくのだろう、と感じてしまうからです。

それは親にとてとても悲しいことです。

 

朝の日常の中で親子の時間がストップする時。

それは悲しいニュース。

一番心を痛めるのが虐待です。

 

「痛かっただろうね。かわいそうだね」

「私より小さいのにもうママに会えないの」

「助けてくれる人はいなかったの」

 

娘の声に私は、なんて返せばよいのだろう、と悩んでしまう事もあります。

 

子育てしていると思っていましたが、

本当は、娘に育てられている私がそこにはいました。

 

虐待しないと言う事。

それが法律にあること。

私は正直「障害者虐待防止法」と聞いて少し戸惑ってしまいました。

当たり前の事なのに。

それが法律に…

それだから法律に、なのか。

 

法律を皆が守ることによって、守られる人がいる事。

 

人としての心マナー。

 

2012年(平成24年)10月1日に施行されたのが

障害者虐待防止法です。

正式名称は、「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援に関する法律」です。

放課後デイGranny 開発チーム

2019年3月11日

お子さんでも分かる!!「障害者総合支援」(全9回)【第7回 障害者/児の権利保護とう観点と成年後見制度】

【第7回 障害者/児の権利保護とう観点と成年後見制度】

判断すると言う事。

 

一人っ子の娘は、“半分こ”が出来ません。

娘は、お友達と何かを分けるときに小さな時から半分こせず、全部あげてしまうのです。

これはとてもユニークな話ですよね。

 

「いいの。全部あげる。」

 

と太っ腹な娘は私の誇りですよ。

娘の真意はわかりませんがそれが娘なりの判断なのでしょう。

素敵な判断に母としての喜びを噛み締めます。

 

成年後見制度とは

知的障害者、精神障害者のほか、

認知症、自閉症、事故による脳の損傷や脳の疾患に起因する精神上の障害をもつ方などが

不利益を被ることのないように判断能力を補うための制度です。

 

成年後見人にあたっては、

本人の意思・利害関係の有無、成年後見人の候補者の職業・経歴、

法人の場合は事業の種類・内容、本人の状態並びに生活及び財産の状況

を考慮し、家庭裁判所が選任します。

法人を選任することも出来るのですね。

 

成年後見人は、本人の利益の為に

「善良なる管理者の注意義務(善管注意義務)」

をもって誠実に後見等の事務を行う義務があります。

放課後デイGranny 開発チーム

放課後デイGranny事業・加盟資料

Facebook

マイナビ独立

2019年3月11日

お子さんでも分かる!!「障害者総合支援」(全9回)【第6回 障害福祉サービスの申請/利用方法】

【第6回 障害福祉サービスの申請/利用方法】

就寝前に娘の宿題を確認するのが私の日課。

筆圧で感じとれる、その日の娘の心模様。

そっと、私の心の隙間を埋めてくれる鉛筆の匂い。

 

地図記号の復習のプリントを眺めていた私の心は

なんだか落ち着かなくなりました。

老人ホームの地図記号はあるのに

障害者/児のサービス等の施設地図記号はありません。

すぐに検索をかけましたが見つかりませんでした。

 

奈良時代にはじまったと言われる

障害者に対する政策について学び始め

人権保障、障害者総合支援法、給付費、地域生活支援事業。

学ぶ過程で娘の成長と結び付けられることも多く

この時間も私にとっては日常になっていました。

そんな中、まだないであろう地図記号に

少しがっかりし、宿題のプリントをランドセルにしまいました。

 

もし、どなたか地図記号見つけた方は

ぜひ 放課後デイGranny開発チーム に教えてくださいね。

 

介護給付や訓練等給付の支給決定を受けるためには

支給申請が必要になります。

原則として申請者の居住地の市町村に申請し、決定が行われます。

そして障害者本人、障害児の保護者に面接し(認定調査)、

障害支援区分が判定され支給決定となります。

サービス提供事業者などに委託し

代理申請もできるようですね。

 

娘のプリントこそ

私にとっての宿題だったのでしょうか。

いつか様々なことが日常へとなりますように。

放課後デイGranny 開発チーム

放課後デイGranny事業・加盟資料
Facebook
マイナビ独立

2019年3月11日

お子さんでも分かる!!「障害者総合支援」(全9回)【第5回 地域生活支援事業というもの 〜事業と施設〜】

【第5回 地域生活支援事業というもの 〜事業と施設〜】

「自立」

この学びの中で何度も出てくる言葉。

 

自立・・・他の助けや支配なしに自分一人の力だけで物事を行うこと。

 

当たり前のように使っている言葉ですが、

辞書で調べてみると上記のような意味で私は調べたことで少し落ち込んでしまいました。

これはあくまでも個人的な感想なのですが、私は素直に

冷たい・寂しい と感じてしまいました。

 

「娘には自立した女性になってもらいたい」

「娘が自立するまでは…」

 

私もこのように思っていましたし、口にもしていましたから。

 

数か月前の娘の学校からのお手紙。

個人教育相談の申し込み。

正直、この20分の為にお休みをとるのは気乗りしませんでしたが、

娘の学校での様子を先生からゆっくり聞ける良い機会だと思い申し込みました。

 

相談時間よりも10分前に教室に到着。

前の順番のお母さんがまだ相談中の為、廊下に飾ってある作品を見ながら待機。

毛筆の授業がはじまっており子供たちの背丈ほどの書初め用半紙に書いてある

「美しい心」の文字に私は見入っており何の心の準備もしないまま相談の時間に。

先生に挨拶と普段本当にきめ細かく見て頂けているお礼を伝えて

30秒後、私は泣き崩れました。

 

先生はこう話されたのです。

 

「お母さん。大変申し上げにくいのですが。話そうか迷ったのですが…

お母さんなら受け止めて下さると思ってお話しします。

実は先日の授業参観の前日、〇〇ちゃん(娘の名前)が、

明日はおばあちゃんに来てもらいたいって私に話してきたのです。」

 

私は思いもよらぬ展開に言葉は失い、ただただ涙がこぼれました。

それから何をお話ししたのか、

あまりのショックに記憶はとぎれとぎれですが、

娘が私との関わりにどこか寂しさを感じている事、

それは私の関わり不足だったと言う事、

娘が私に思いっきり甘えられていないと言う事、

娘が私の前で自分らしくいられていないと言う事。

 

それは理解できました。

 

何一つ言い訳も思いつかず、

先生にただただお話ししてくださりありがとうございました。

の気持ちだけ伝え続けました。

思い返せばその頃は、娘の寝顔から寝顔まで働いており、

お互いに自立した女性に、なんて言葉に逃げ、

自分自身とも娘ともきちんと向き合えていなかったのだと思います。

 

人は日常の中で、

周囲との関わりなくして生きていけないのだと頭では理解していたつもりでしたが、

それと矛盾してしまいそうな自立。

もしかしたらこの行き所のない気持ちこそ、

私なりにたどり着いた今の自分の中の精一杯の答えなのかもしれません。

 

自立とは、

周囲との心豊かな関わりの中で自分らしく生きること。

困ったときには頼れる存在を持ちながら、自分らしくいられる居場所があると言う事。

どうしようもならない時、プライドを捨て、恥をかいてでも周りに頼ってよいと言う事。

そのために、毎日皆とのふれあいの中で関係性を築きあげていくと言う事。

 

地域生活支援事業とは、

障害者及び障害児が、自立した日常生活や社会生活を営むことができるように、

地域の特性や利用者の置かれた状況に応じた事業を、

利用者の身近な地域である都道府県・市町村が実施するものです。

 

もっと学びたい。深めたい。

放課後デイGranny 開発チーム

放課後デイGranny事業・加盟資料
Facebook
マイナビ独立

2019年3月11日

お子さんでも分かる!!「障害者総合支援」(全9回)【第4回 自立支援給とは】

【第4回 自立支援給付とは】

「体感すること」

私が母として娘との毎日の中で意識していること。

 

その取り組みの一つが、フリーマーケットへの出店。

娘がお金に関心を持ち始めた数年前から定期的に参加しています。

母親らしいことなど出来ていないですし、偉そうなことも言えませんが、

一主婦として「お金の大切さ」は自分で感じて身に着けて欲しい、と思った事がきっかけでした。

 

まずは娘がすでにサイズアウトのお洋服を整理する事からはじまります。

次の持ち主さんの事を考えながら綺麗に整え、次は値段設定です。

 

「小さいお洋服だから50円」

「可愛いから200円」

「沢山着て疲れているから20円」

 

子供の発想って本当におもしろいですね。

あとは値札を手作りし、当日のディスプレイを考えます。

そして当日。

娘は、お客さんに一生懸命に話しかけます。

 

「こうに着ると可愛いですよ」

「2つ買ってくれたら安くしますよ」

 

とても可愛いやりとりの中、娘は、

買って下さったお客さんに

はにかんだ笑顔でお礼を言い、お財布へとお金をしまいます。

最近ではお釣りもノーミスで渡せています。

閉店後、お金を計算し出店料を差引いたものが、娘の日給となります。

 

 

お金の事。

大切なこと。

 

 

自立支援給付とは

介護給付費や訓練等給付費、特定障害者特別給付費

自立支援医療費、補助具費及び高額障害福祉サービス等給付費等の支給です。

 

障害福祉サービスの質の向上に必要なお金です。

放課後デイGranny 開発チーム

放課後デイGranny事業・加盟資料
Facebook
マイナビ独立

2019年3月10日

お子さんでも分かる!!「障害者総合支援」(全9回)【第3回 障害者総合支援法とは】

【第3回 障害者総合支援法とは】

2020年の東京オリンピック誘致チームのスピーチコンサルタントを担当し、

英キャメロン元首相や露プーチン大統領のスピーチコーチも務めた

マーティン・ニューマンは、東京チームの成功の鍵は、

残したい印象を

 

「shining(輝いていること)」

 

に事前に決めていたことだった、と言っています。

 

大切なのは、「理想をイメージすること。」

そして、常に自分自身を“更新”し続けること。

これこそが、この変化の激しい時代に、

その速さに取り残されず成長し続けられる鍵なのではないでしょう。

 

利用者が判断・選択・決定する支援費制度。

障害者の種別による格差・地域間の格差・規制緩和が行われ利用者が増えたことによる予算の不足。

これを全面的に見直し、必要なサービスを安定的に利用できるように、

自立支援の観点から一元的なサービス提供のシステムを

具体的に定め制定されたものが、障害者自立支援法となります。

そしてこの自立支援法は、

難病者を障害者の範囲に加え現行の障害者総合支援法へとバトンタッチされたのです。

 

理想がイメージできたとき、その着地点にたどり着くためには、

変化を味方に付けて成長し続けなければならないのだと再認識出来ました。

大切なのは、皆(国民)の目指すところが一緒だと言うこと。

その気持ちで、法も変化してきたのでしょうね。

 

人が人を想う。

私が母として、娘に伝えたいことのひとつ。

 

2020年東京オリンピック。

娘は何を体感するのか。

私も、娘とともに成長あるのみ。

 

「shining!」

放課後デイGranny 開発チーム

放課後デイGranny事業・加盟資料
Facebook
マイナビ独立

2019年3月9日

お子さんでも分かる!!「障害者総合支援」(全9回)【第2回 障害者/児と人権保障】

【 第2回 障害者/児と人権保障 】

私の娘は一人っ子。

そう、常に家族からの愛情を惜しみなく注いでもらい、

習い事や進学も兄弟との兼ね合いなく意思を最大限尊重してあげられる一人っ子。

一人っ子だからかわいそう、とおっしゃるあなたの心がさみしいですね。

と思える私は、一人っ子の娘を誇りに思っています。

 

私はたった一人の愛娘を、一人の人として尊重し、

お互い依存はせず高めあえる関係性でいたいと思っています。

私もまだまだ母親8年生。日々反省する事ばかり。

でも自分の行動に後悔した事はありません。

そこには常に娘を想って行動した、と言う母親としての私の選択があったからだと。

 

人が人を想う。

それこそ基本的人権の尊重、なのではないでしょうか。

人が人である以上、誰もが生まれながらにもっている権利。

 

憲法第13条

「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」

 

 

~娘が幼稚園の頃、

「おやつ、もらえないかと思ったの。」とお迎えに行った私の車に半泣きで乗り込んできた。

小さな娘のいっぱいになった心に寄り添うようになだめながら、私は娘の話を聞いた。

園でのお楽しみ会の時に先生はこう言った様子。

「お兄ちゃん・お姉ちゃんがいるお友達はお菓子をもらいに来てください。」

次はこう。

「弟・妹がいるお友達はお菓子をもらいに来てください。」

残されたのは、園で唯一の一人っ子だった娘だけ。私は悲しさに襲われた。~

 

 

偏見・差別。

障害者だけの話ではないのかもしれません。

 

 

憲法第14条

「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」

放課後デイGranny 開発チーム

放課後デイGranny事業・加盟資料
Facebook
マイナビ独立

2019年3月9日

お子さんでも分かる!!「障害者総合支援」(全9回)【 第1回 障害者福祉の歴史と実態 】

【 第1回 障害者福祉の歴史と実態 】

平成も残すところ1か月ちょっと。

平成22年生まれの娘も今月で9歳。周りには平成生まれのお母さんも沢山。

昭和後半生まれの私は昭和の終わりの記憶がない。

物心ついてからはじめての一時代の終わりに自分が生きていた足跡になるように・・・

START!

 

「なんと(710)素敵な平城京」

「なくようぐいす(794)平安京」

と頭に叩き込んだこの時代が、奈良時代。

日本の障害者に対する特別な政策は、この奈良時代にはじまったと言われています。

 

そして時代は流れ、人類史上最大の大戦争となった第二次世界大戦。

戦災によって多くの国民が身体に障害を抱えることとなりました。

 

核家族で育った根っからの鍵っ子の私。

両親共働きの為、学校の長期休みは決まって母方の祖父母の家へ。

祖父母の家なのに私はいつも「おばあちゃんち」と言っていた記憶があります。

若いころは草軽鉄道で勤務し、退職後は地元の水道屋さんで働いていた祖父の収入で成り立っていただろう家のはず。

 

でも、私にとってそこは、私を優しく包み込んでくれるあったかくて安心出来るおばあちゃんのおうち。

祖母と過ごした時間が多かったからか。

女性として、男性を支え家庭を守る縁の下の力持ちのような強さを感じていたからか…。

そんな祖母はいつも戦争の話を私にしてくれました。

戦争と言っても・・・戦争に行けなかった祖父の話。

若い頃の不慮の事故で右手の人差し指を落としてしまった祖父。

そう、祖父は銃の引き金を引く右手の人差し指を失っていたのです。

戦争に行きたくても、行けなった祖父の話は今でも私の心で生き続けています。

 

そんな戦後の障害者への考え方は、自立を促すと言う発想ではなく、

収容し保護すると言う単純なものだったようです。

 

学生の時の福祉の授業。

実習以外はいつも時計と睨めっこだった私ですが、なぜかこのフレーズはいつも思い出します。

「措置から契約(平成12年)」

障害者では、平成15年の法改正で「措置制度から支援費制度」へ転換したようです。

利用者の自己決定の尊重と言う点は評価されましたがまだまだこの時点では課題の残った法改正。

 

身体障害、知的障害、精神障害の3つの分野で別々の政策の運営が行われており、各分野間に格差が生じていたのです。

 

放課後デイGranny 開発チーム

放課後デイGranny事業・加盟資料

Facebook

マイナビ独立

2019年3月8日

放課後デイの利用・FC加盟、に関するご不明点などお気軽にお問い合わせください

FC加盟に関するお問い合わせ お問い合わせフォーム
友だち追加