お子さんでも分かる!!「障害者総合支援」(全9回)【第8回 「障害者虐待防止法」というもの】

【第8回 「障害者虐待防止法」というもの】

朝はお気に入りのニュース番組を見て、目を覚ましながら支度をする娘。

番組の中のキャストとゲームがお目当てだろう。

娘はすっかり、この番組のファンである。

 

あまり小言は言わないようにしていますが、

ついつい、朝の慌ただしさに私も自分目線で口をはさんでしまいます。

あまり色々なことにこだわらず感覚重視で進む私ですが

子育てに関して意識していることがあります。

 

それは、「ダメ」を乱用しないこと。

命に係わる危険な行動は「ダメ」ですが、それ以外は、乱用しない事にこだわっています。

甘やかしているつもりはないですが「ダメ」と一日何回も言われて育ったら、

きっとこの子は自分の事を「ダメ」と思って育っていくのだろう、と感じてしまうからです。

それは親にとてとても悲しいことです。

 

朝の日常の中で親子の時間がストップする時。

それは悲しいニュース。

一番心を痛めるのが虐待です。

 

「痛かっただろうね。かわいそうだね」

「私より小さいのにもうママに会えないの」

「助けてくれる人はいなかったの」

 

娘の声に私は、なんて返せばよいのだろう、と悩んでしまう事もあります。

 

子育てしていると思っていましたが、

本当は、娘に育てられている私がそこにはいました。

 

虐待しないと言う事。

それが法律にあること。

私は正直「障害者虐待防止法」と聞いて少し戸惑ってしまいました。

当たり前の事なのに。

それが法律に…

それだから法律に、なのか。

 

法律を皆が守ることによって、守られる人がいる事。

 

人としての心マナー。

 

2012年(平成24年)10月1日に施行されたのが

障害者虐待防止法です。

正式名称は、「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援に関する法律」です。

放課後デイGranny 開発チーム

2019年3月11日

友だち追加